セルフケアで対処したい人も病院で治したい人も!小鼻の黒ずみ対策をしましょう

洗顔しても黒ずみがなくならない時のセルフケア

顔の中で黒ずみが出来やすいのが、いわゆるTゾーンです。小鼻で分泌された皮脂や老廃物、大気中の小さなゴミなどが原因と言われています。洗顔方法を改めることである程度は改善することはできますが、それでもまだ少し黒ずみが残ってしまう人も多いですよね。毎日の洗顔にプラスして、普段からセルフケアで小鼻の毛穴が詰まらないようにすると、清潔なTゾーンを保てるようになりますよ。美容成分がたっぷり配合された化粧品に頼らなくても、重曹やオイルなどを使えば低予算で簡単に黒ずみケアが可能です。自宅にストックしてある食用の重曹を水と混ぜて小鼻に塗るだけで、古い角質をまとめて落とせます。ピーリング剤が手元にない時にもおすすめ。オイルを使う場合は、ホットタオルで小鼻の毛穴を充分開いてから、綿棒などにオイルを塗って毛穴汚れを吸着させましょう。いずれも肌に優しい材料でセルフケアをするので、敏感肌の人でも出来るのがメリットです。

美容皮膚科ではこうやって小鼻の黒ずみを治します!

美容皮膚科は自由診療なので治療代はかかりますが、黒ずみ改善効果はかなりのものです。小鼻の毛穴が黒くなって目立つのが嫌な人は、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。黒ずみ治療ではレーザーやケミカルピーリング等の方法が用いられています。ケミカルピーリングはエステサロンでも行っていますが、こちらの方が効き目が強いのでターンオーバーを正常化したい人は、美容皮膚科で施術を受けた方がいいかもしれませんね。

品川美容外科の裁判について詳しく