もう悩まない!嫌な手荒れを予防する3つの方法

水を使用する際には必ず手袋をつけよう

家事の中でも水仕事は手荒れを招くため、苦手な方が多いのではないでしょうか。手が荒れやすいといった方は、水仕事をする際には必ずゴム手袋をして手荒れを予防する事がとても重要なポイントとなります。しかしゴム手袋をしていても手が荒れるといった方も中にはいらっしゃいます。この原因は、手袋をしている間に手の皮脂が減ってきている事が考えられます。綺麗な手を保つためには、保湿はとても大切です。ゴム手袋を着用する時には、しっかりとハンドクリームなどをつけてから使用するようにしましょう。

暖房器具にも工夫をして乾燥対策を

多くの方は寒い冬の時期に手荒れに悩まされています。これは乾燥が主な原因となっているのです。冬には暖房器具を使用しますが、これは乾燥を招く原因の一つです。しかし、加湿器や濡れたタオルを部屋に干す事で湿度を上げる事が出来ます。暖房を使用する際には、同時に加湿をする事も考えておくようにしましょう。部屋を加湿する事で体感温度も上げる事が出来るので、活用出来そうですね。

寝ている時が保湿するベストタイミング

起きた時に喉が乾燥して痛いといった経験をした方は多いのではないでしょうか。実は寝ている間は、お肌がとても乾燥しやすい状態にあります。そのため手荒れで悩んでいる方は、しっかりと保湿をして寝るようにしましょう。手荒れがひどい方は、ハンドクリームをたっぷりと手に塗った後に手袋をするととても効果的に保湿されます。また寝室にも加湿器や濡れたタオルなどを置いておく事でも乾燥を防ぐ事が出来ます。

品川美容外科の提訴について詳しく