春は花粉症だけじゃない!春の肌荒れ予防対策

抗酸化作用の高い食品を摂取しよう!

春先は空気も乾燥する上に花粉などのアレルゲンが空気中に増えるため、デリケート肌の人は肌荒れに悩まされます。
春の肌荒れを防ぐためには、まずは免疫力を上げることが大切です。抗酸化作用の高い食品を積極的に摂取しましょう。
おすすめは、蜂蜜や大豆製品、そして緑黄色野菜です。クエン酸を含む甘酸っぱい柑橘類なども、免疫力をアップしてくれます。
レモンの蜂蜜漬けをヨーグルトに入れて食べるのも良いですね。

皮膚の粘膜を強化する食品も!

食品の中には、皮膚の粘膜を強化してくれる物もあります。代表的なものが、βカロチンを多く含む人参です。人参は皮膚粘膜を強くするだけでなく抗酸化作用も高いので、肌荒れ予防に最適でしょう。
そのほかにも、ネバネバ成分のムチンを含むレンコンやオクラなども、粘膜ケアにつながります。
ビタミンB2が含まれるレバーやうなぎ、アーモンドなども、皮膚の機能を正常化する働きがあるので食べるようにしましょう。
栄養バランスの摂れた食事で、アレルギーにも負けない強い肌を目指したいものですね。

乾燥から肌を守ろう!

春の乾燥から肌を守ることは、肌荒れ対策の基本です。
かばんに入る小さめサイズの美容クリームがあれば、出かけ先でもこまめに保湿ができますね。唇や手も、リップクリームやミニサイズのハンドクリームで保湿ケアをしましょう。こまめな保湿が乾燥予防には効果的です。
また洗顔時に熱湯を使わないことも大切です。水やぬるま湯で洗顔すれば、肌の潤いに必要な脂分を残しておけます。
紫外線も強くなってくる季節なので、帽子や日傘などの使用も忘れないようにしましょう。日焼け止めクリームも早いうちから塗っておきたいものですね。

品川美容外科の訴訟について詳しく